福ちゃんとの思い出☆前編


前回の記事で 新しい家族が増えました、と記したまま紹介できずにきてしまいました。
今日 その家族がお空に旅立ちました。

悲しいけれど 3ヶ月間確かに可愛がった家族として 記録に残しておきます。

(長文です)

実は 7/5に 赤ちゃん猫を保護して育てておりました。

画像

名前は 福ちゃんです。(母 命名)


画像

翌朝の写真。
250g 生後2週間経ってないと思われました。

先住猫の花ちゃんとの差
画像

福ちゃんちっちゃいな~
ってか 花ちゃん でっか!

この子の母猫が保護する3日くらい前からウチに連れてきて お乳あげたり 口にくわえて日陰に運んだりしてたのですが、当時は真夏の炎天下続きで おっぱいが出ないのか、もしくは吸う力が弱いのか 日に日に仔猫がヨタヨタしてきました。

そこへカラスが狙ってるんだよね…と母の声。

かわいそうで たまらず 保護してしまいました。

8年前の花ちゃん保護の時も カラスの一声で保護したんだっけ



早速その日から粉ミルク開始。
画像

ごくごく。

画像

すくすく

こんなに 可愛いなら 里親もすぐ見つかるかな、と方々聞いてもらったりしたのですが、
…どうも…脳に障害がありそうな…
画像

初めは 赤ちゃんだから 歩行もヨタヨタなのかと思ってたんだけど どうも平行感覚が弱いらしくコテンコテンと転びまくり。

画像

トトロに出てくる 真っ黒くろすけ みたい

早い内に母がお医者さんにも連れていきましたが、おそらく脳になにかしら問題があると思う、身体的には動かせるけど 知的障害もあると思うとの事。

ホントに不思議な事に 猫らしい仕草があまりなく、毛繕いや爪研ぎ、鳴き声もなくて おまけにトイレも覚えてくれず 放尿状態


結局 里親探しは諦めて ウチの子として 出来るだけ安楽に過ごさせる事にしました。

画像

初めはトイレトレーニングも必死にやっていましたが 後半はトレーニング諦めて いつ排泄するかわからないので 母と交代しながら つきっきりで介護してました。

画像

ちょっとは自分の毛舐めてごらん、と シッポつかませてみたり


遊びも サークルの中でのボール遊びや 寝たままでも掴めるポンポンを使ったりして 少しでも体動かせるように工夫しました。

画像


画像


姪っ子が来て かぶりもの大会も
画像

いちご娘

画像

うさ耳

画像


イカ姉妹

体も大きくなるにつれて 歩けなくなり 8月下旬には 自力で座る事も困難に。
画像



仔猫用の小さめのカリカリフードあげても 噛むという認識がないのか 全部丸飲みしてしまい 下痢してしまう事がわかり、麺棒でカリカリフードを全部つぶして
ウェットフードに混ぜてあげる事に。
画像


9月に入り、少しずつ食事量が減ってきていました。
なんだかつぶしたフードも うまく飲めないような仕草や、
頭を後傾して両手足をピーンと突っ張るような明らかにおかしい姿勢をとる事が増えてきました。

長くなりすぎたので 後編に切り替えます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

かわいい かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック